ソファーでお部屋の印象が変わる   no comments

Posted at 9:28 pm in

ソファーは家具の中でも大きなものです。そのためお部屋に置くとそれだけで雰囲気が変わってくることでしょう。そのためこれからソファーを購入しようとしている人は大きさや色、形をきちんと考えるべきです。まず大きさはお部屋の広さにあったものか考えます。お部屋のわりにソファーが大きいと狭い空間に見えてしまうため注意です。つまりバランスを考えてお部屋の大きさに合うサイズを選ぶことが重要です。色はその部屋の印象を大きく変えてしまうため原色は控えた方がいいでしょう。そして形ですが、最近では折りたたみ式で変形できるタイプのものもあるためお好みのを選ぶとよいです。家具は高価な買い物であるため思考錯誤を繰り返してベストなものを購入するのがよいです。また一人で決めてしまうのではなく一緒に住んでいる人の意見も聞いて購入するようにするとよりよいです。

リビングのソファーは安い物を購入しています

私には3人の子供がいます。元気があるのは良い事なのですが、少しわんぱく過ぎる所があり困ってしまう事もあります。一応子供部屋はそれぞれ用意しているのですが、自分達の部屋で過ごすのは友達が遊びに来た時くらいで、普段は主にリビングで過ごしています。そのためリビングで遊び出す事が多くゆっくりくつろぐ事もできません。リビングにはゆっくりくつろげるようにソファーを置いているのですが、子供達にとっては1つの遊び道具となりすぐに壊されたり、カバーが破れてしまいます。本当はおしゃれなソファーをリビングに置きたいと考えているのですが、すぐに子供に駄目にさえてしまうと考えると安い物しか買う気になれずデザインよりもとにかく安い物を選んで購入してしまいます。もう少し子供達が成長し落ち着いてきたらおしゃれなデザインのソファーを購入してリビングでゆっくりくつろぎたいと思います。

現代生活には欠かせないソファー

以前、カウチポテト族などと言う言葉が流行りました。ポテトチップスをつまみながら、ソファに座って、或は寝っ転がってテレビやDVDのドラマなどを見るという現代人の日常の姿が、その言葉からうかがえます。もとより長い時間そうした姿で過ごす人は、多くないとしても、現代文明の一つの生活人の様子を伝えた言葉としては、大変面白いと言わざるを得ません。さて日本でも、畳よりもフローリングの部屋で過ごすことが多くなった私たちですが、オフィスであれ、家庭であれ、何人かの人々が過ごす部屋では、このソファーが欠かせないものとなっています。フカフカとした座り心地に、安定したその形は、くつろぐ場合にはぴったりと言えましょう。革張りであれ布張りであれ、リビングや応接間の重厚感を一手に引き受けていると言ってよいほどの存在感があり、今や家具の代表と言ってもよい位の地位を獲得しているのです。

Written by admin on 1月 15th, 2015

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)